三井住友銀行カードローンのキャッシングと総量規制について

新規の借り入れの申し込みを検討している人で、既に別の会社を利用中の人や、クレジットカードのキャッシング枠で利用残高が残っている人は、総量規制の決まりに注意する必要があります。法律で決められたルールに抵触する申し込みをしてしまうと必ず審査で落ちてしまうことになりますので、信用情報機関に不必要な申し込み記録が残ってしまう可能性もあります。

総量規制とは消費者金融のキャッシングにおいて適用されるルールのことで、具体的には貸金業者から借り入れできる金額の上限がその人の年収の3分の1に相当する金額に制限されるというものです。これは貸金業者に該当する会社のキャッシングにのみ適用されますので三井住友銀行カードローンは銀行が運営するサービスであることから対象となりません。つまり、申し込みをするサービスが銀行のカードローンである場合は、総量規制の事は気にしなくてもよいということになります。

三井住友銀行カードローンは、金利が安く利便性が高いのに加えて、総量規制の対象外となることからも様々なメリットがあります。まず1つは既に他社の商社金融で借り入れをしている人でも、三井住友銀行の審査に通過することさえできれば借入金額の上限を気にせずに利用できるという点です。それに加えて、三井住友銀行カードローンは事業性の資金以外ならば使用目的の制限があまりありませんので、複数の借金を一本化するおまとめ目的でも利用しやすいと言うことがあります。
三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら